ブログ│ミュージックスクール ぴいたあぱん

オフィシャルブログ

幼児の楽譜

IMG_3274.jpg

コンサート用に 白雪姫と小人たち
が、弾きたいとのリクエストがあり
楽譜を作りました。

習いはじめて 1年目になりましたが
修了した本は4冊になりました。
なかなかの上達ぶりですよ!

1年って42回〜44回しかないからね!
頑張ってますよ!
今週から、始めます!(╹◡╹)yoshie’‎´•ﻌ•`

筋ジストロフィーと 共に

image1_3.jpeg

ぴいたあぱん は結成以来
筋ジストロフィーと闘う男子達6人と
仲間として、ミュージカル公演に参加や
曲を提供してもらっていました。

彼らの何人かは天国に行きました。
その中に慎吾くんが います。
今日は 彼の誕生日です。
ご家族の方がFacebookを残してくれて
毎年 彼のことを思い出し、お祝いする日を
くださる事に感謝しています。

今朝、アスリートの方が白血病になったと
ニュースで話してました。

世の中には 健康に恵まれない人達が
沢山いることを 劇団を通して知ることが
できました。

五体満足 健康な私達が 出来る事を
考えて みませんか?

yoshie’‎´•ﻌ•`

未来がある子供達に

image1_2.jpeg

子供達には限りない未来があります

まだまだこれから 沢山の事を

経験して、見て 覚えていく

そんな 子供達の未来に向けて

少しだけ手を差し伸べ

少しだけ アドバイスや ヒントと伝えて

大人達は 温かく見守っていく事が

1番大切なのでは ないでしょうか?

自分の子供でも 親の所有物ではないのです

子供達が 自分でヤリたい事

好きな事を見つけて行けるのが

1番いい事だと 思います。(√*’v`♡♡)⌒。+♬

yoshie’‎´•ﻌ•`

大人のレッスン

image1.jpeg

今日は毎月2回 阿波市から通ってくれている
大人の方のレッスンでした。

大人の方は 直ぐに好きな曲から弾きたいと
言われますよね?

でも、ホントは基礎レッスンを
しっかりしていたら 全然違うのですよ。

私はその事を初めにしっかりと説明を
させていただきます。

だって 弾けない人が 弾きたい曲を始めたら
絶対にイメージと違う出来上がりに
なるからです。

こんな風に あんな風に 弾けると
思っていたのに 出来上がりに近づいて
あれ? なんか 違うぞ!

って 絶対に思ってくるから、
だって 初心者だから リズムも音も
数が少ないし 単調なのですから。

歌もピアノも 全ての芸事は
基礎レッスンが大切なのですよ。

だから 最初の半年位は基礎レッスン

その後 好きな曲を弾きます。

足りない音は 広がりの音は
連弾で足してあげます。(´︶`艸)♡

今は この方は 基礎レッスンを終えて
曲を弾いています。

その時は この曲は何故こんな形式なのか?
何故この指使いなのか?

説明したら、 最後は
自分の気持ちいい 弾き方にしてもらいます。

音楽なんて、 決められた速さなんて
大人には関係ないですよ。

ピアニストの 小原孝先生の演奏も
途中で、ゆっくりしたり 止まったり
速くしたりして 聴いていて 心地よいですもの

みなさん、
音楽を ピアノを 楽しみましょう!(ᐥᐜᐥ)♡ᐝ

yoshie’‎´•ﻌ•`

ひまわりの 約束 の楽譜

IMG_3114.jpg

弾きたい!と言われた生徒さん

難しいから 楽譜を両手で弾けるように
作り直して ♭の付いた黒い鍵盤を弾く所に
丸印を付けて 朝コピーして 貼り付けて
渡しました。

全く練習しない生徒さんだから
わざと大きな楽譜にしたのです。

来週までに 画用紙で 台紙に貼って来てね!

そう言って 手渡した 瞬間
お母様が 楽譜を四つ折りにして
手提げ袋に入れてしまいました。

アッ!残念だけど、 先生の苦労を理解して
いただけなかった!

そう 寂しさと 虚しさを 感じた
今日のレッスン でした。yoshie’‎´•ﻌ•`

美馬市PR動画コンテスト

image1_9.jpeg

今日が最終日です。
美馬市PR動画 コンテスト

おばちゃんプロダクション すだち

おいでよ 脇町

YouTubeで検索して イイね!を
プチっと押してくださいませんか?

テロップや ありもの音楽を使わない事が
条件だったのに プロらしきコンテストが参加
していました。

素人が勝つわけないけど、
おばちゃん達は一生懸命に作り
脇町までロケに行って頑張りました。

最後まで 応援よろしくお願い致します。

yoshie’‎´•ﻌ•`

レッスンについて来られたパパ

image1_8.jpeg

小学低学年の生徒さんは

ピアノが嫌いです。(p_-)

両手で合わせる事が 出来ません!

練習しないから仕方ないけど

本人は嫌そうな感じです。

今朝はパパが初めてついて来ました。

なかなかのイケメン!(╹◡╹)

いつも 先生のレッスンが 面白いと
妻から聞いていて

今回 楽しみに見に来ました!

何を聞いて来たのか?わからないけど
イケメン パパの前でも いつも通りに
平常心で

両手でバラバラに音を合わせる時は
首がちぎれるくらい 振るけど
合わせられないのです。(>人<;)

パパも一緒に 首を振りそうになるくらい
次の音を弾くまで 指をジッと見つめています

あー 先生が とても気の長いレッスンを
してくださっているのがわかりました。

そして、 娘がこれ程 苦戦しているのは
家で全く弾かないからと言うのもわかりました

この努力が いつか実を結ぶことが来ると
思います!

聴音や書き取りが こんなに解り 書けるのは
ビックリしました。また、一緒に来ます!

と 娘のレッスンバッグをパパが抱えて
帰られました。(^∇^)

この生徒さんを 上手くしてあげたい!と
改めて 思いました。(・∀・)yoshie’‎´•ﻌ•`

ピアノと 歌を歌う事は同じです

image1_7.jpeg

ピアノを弾く事と歌う事を別々に考えている
先生は沢山います。

でも、歌う事はとても大事なんだよ!
ピアノを弾く時に 歌うように弾いてみよう!

って 言われた事あるでしょ?

歌う時には 息継ぎをするから、
メロディーを歌う時 息をするでしょ?
ピアノを弾く時にも 歌いながら
弾いたら息が出来るから。

メロディーがイキイキしてくるはず

ピアノの生徒さん達はあまり歌う事に抵抗が
あるみたいで、しないけど 大事だと思うよ。

だから ピアノの生徒さんには
歌うコンサートにも参加してもらいます。

頑張って 歌いましょう!yoshie’‎´•ﻌ•`

ピアノ 楽しくない!

image1_6.jpeg

3歳からピアノを習わされた!
そう 子供の頃は思いますよね?

昔は足踏み式 オルガンだった!
今の人にはわからないだろうけどね。

練習が嫌いで 音も リズムも
両手もなかなか合わせられなくて
ピアノの先生は なかなか合格くれなくて

ホント 楽しくなかった!
バイエルを 終了するまでに

ナント 6年もかかった!
なのに ピアノの先生をしてます。
不思議ですね。

だから、
私はピアノを教えているんじゃなくて
音楽を 教えたいのです。

音を楽しむことが 音楽だから。
その為 に これからも 頑張って
勉強します!

芸術は 切り売りだから
自分が 切っていく 技術を
沢山持たないと 教えられません。

今の 私の先生は CDと本です。
(╹◡╹)
そして
時々 恩師の言葉です。(*^ω^*)yoshie’‎´•ﻌ•`

グループレッスンのメリット デメリット

image1_5.jpeg

グループレッスンって 楽しいですよね。
初めての音遊びにはとてもいいです!

でも、 何回かするとグループレッスンでは
レベルの違いが見えてきますよね。

その時
あなたが母親として考えてみてください。

レベルを上級に合わせたらついて来られないお子様が出て つまらなくなります。

レベルを下に合わせたら上のレベルのお子様は一向にレベルが上がらないままになります

そのまま、1年が経つんですよね。
多少の上達はあるかも知れませんが。

今までグループレッスンをして来て
気づいたのはお子様が楽しいだけで
グループレッスンを選び1年目に
見極めないままお稽古を続けていても
個人レッスンの上達とはかなりの差
があります。

私は45年間 アシスタント から 指導者になり
カルチャースクールの講師をしながら感じた事
グループレッスンは 一年だけでいいです。

次のグループがレベル別ならばいいのですが、
初めての人や、 出来る人も一緒に
いますよね。

お子様の可能性は環境や性格や才能により
全く違います。

個人レッスンでも
音楽を大好きに教えてくれる先生は
沢山いらっしゃるはずです。

音楽が好きになればいいからと、
レベルも分からずそのまま 楽しんでいるからと、安易にレッスンを受けさせるのは
私からみたらお月謝が勿体ないですよ。
ということです

安いから 近いから 一人で通えるから と
選んだお稽古ごとで、 将来的に見たら
少しもメリットは無いと私は思うのです。

同じお月謝を支払うならば
先生を選ぶ目を持つお母様の違いは
大切だと思います。yoshie’‎´•ﻌ•`